しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

外国における太陽光発電の位置づけ

世界で一番太陽光発電量が多い国。それがドイツです。

その理由は、再生可能エネルギーで出来た電気を、電力会社が高額で買い取る制度が政策として実施されている事にあります。
しかもこの試みは長期にわたって行われ、環境活動としてのみならず、経済活動や投資の一つとして紹介されています。

太陽光発電によって生じた電気の買取価格は、他のものに比べ、なんと2倍。
もっとも大きく違うのは、「家で作ったものは全て買い取ってもらえ、且つ家で使う電気は安価な商業用電力を買える」というものです。

「家で使ううちの半分を作る事が出来た。残りの分は電力会社から買う」という日本式のものであれば、結局収支はマイナスになってしまいます。
もちろん太陽光発電がないときに比べればマイナスの幅は1/2くらいに抑えられますが、それでも財布が痛むのはかわりません。

しかしドイツ方式ですと、「売るものは高く、買うのは安く」出来るため、同じ条件下であっても、プラスに転じる場合さえあるのです。


もっとも開発技術にかけては、日本のパネルの上をいく国はありません。うまくすり合わせが出来ると望ましいですね。

ピックアップ-----------------------------------------------------------------------------------

金融投資のおすすめはこちら    金融投資ブログ人気ランキング

神戸看護師の求人

------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

 

太陽光発電
太陽光発電

しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

 

最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

 

不安も一杯?! とりつけにあたって

 

向く家、向かない家~後悔しない設置のために

 

業者比較~あなたが重要視するものは?