しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

太陽光発電が抱える問題点 発展途上の技術とは

太陽光発電は、まだ発展途上の技術です。
デメリットの項でも触れたように、いくつかの問題点も抱えています。

初期導入のメリットは200万円ほど。これで3kWですから、もっとたくさん乗せたいと思えば、更に高額になります。
そして目安までに言えば、この3kWは、「6月・オール電化・エアコンを使わない」という状況で、
消費電力とつりあうくらいの発電量です。
もっとも、家庭によって消費エネルギーは随分違います。
オール電化のため電気料金があがるとして、大体15000円~16000円でしょう。
設置費用を回収するまで、10年はかかる、という計算になります。

重量は軽くなりましたが、それでも家自体の強度がなければ不安が残るでしょう。
施工に自信と実績がある住宅メーカーならいいのですが、ローコスト住宅では家の方が負担に耐えられなくなります。

故障もありますが、よいメーカーを選べばリスクは軽減できます。保障期間が10年だとすれば、きっかり10年で壊れたとしても、「元」は回収できます。

自分の家がどんな家か。その家に何年住むのか。よく考えた上で、導入を検討した方がよいでしょう。

PR-----------------------------------------------------------------------------------------------------
転職支援サービスはコンサルタントが親身になってお手伝いしてくれます。

保健師さんで転職希望のかたはオススメです。
http://occupy-bellingham.org/

転職成功者が増えています。

転職者の声はコチラ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

太陽光発電に課せられた課題

10年前20年前と比べ、飛躍的に技術革新が進んだ太陽光発電。
ですがこれほど進歩しても、多くの課題点を孕んでいます。

何度も触れている初期投資の高額さは横において、今回は技術的な問題点に触れていきましょう。


意外に知られていないのが、「太陽の光のうち、何パーセントを有効活用できているか?」というものです。

正解は、たったの30パーセント。

これは太陽電池の表面が太陽光を反射させてしまう事と、中に入ってきた粒子を変換しきれず、無駄にしてしまう事によるものです。


また、買取制度にも問題があります。
よく例にとられるドイツでは、太陽光発電での電気はエコにつながるとし、普通の電力価格よりも高く設定した金額で買い取っています。
しかし日本にその制度はなく、しかも買取は余剰分のみとしているため、各メーカーの企業努力に頼っている状況です。


非常時に役に立つ、という謳い文句もありましたが、実際は自分の手で自立運転モードに切り替える必要があります。
つまり、「(1)自分の家のコンディショナの位置を把握し(2)非常時に思い至り(3)適切に切り替える」事ができる人でなければ、意味を成しえません。


ピックアップ-----------------------------------------------------------------------------------------------------

プラセンタについて

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

 

太陽光発電
太陽光発電

しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

 

最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

 

不安も一杯?! とりつけにあたって

 

向く家、向かない家~後悔しない設置のために

 

業者比較~あなたが重要視するものは?