しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

太陽光発電、今昔物語

研究期間などで試験的に取り入れられていた太陽光発電ですが、実用化には程遠く、一般家庭に普及し始めたのは1990年代です。

ただし実用化したとは言っても、当時の太陽光発電は、今のように「新築購入時に導入を勧められる」といったものではなく、
「エコや環境に興味がある人が、(多少持ち出しになっても)メーカーに問い合わせつける」というものでした。

電力の買取金額も今の半分の単価で、加えて太陽電池の技術自体が未熟。更に初期導入費用も高く、故障も多かったのです。
今のように、「家で使う電気量の半分はまかなえる」状況にはならず、購入費用が回収できないまま家自体の寿命を迎える、という事が少なくありませんでした。

実際、20年前に家を購入した人と話をすると、「絶対に回収できない。やめろ」といわれます。
データ不足であり、技術も確立されておらず、見積もりの甘かった時代、確かに太陽光発電は一種の「遊び」であり、「キワモノ」でもありました。

技術は未だ発展途上ではありますが、故障などのリスクが大幅に軽減され、データもそろい、見積もりも正確になってきた現在ですが、
当時の事を調べて見るのも面白いですね。

PR-----------------------------------------------------------------------------------------------------
全身脱毛は高額だと思っている方は

銀座カラーの全身脱毛がオススメです。
http://xn--o9j5g4gwc1981am98c.xn--m7r811cta169sszp.jp.net/

格安で脱毛できます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

太陽光発電の普及率

太陽光発電が話題にのぼり、コマーシャルで放映され、新築物件を購入するときには必ず案内されるようになってから、
かなりの時間が経ちました。

ではこの太陽光発電、実際にはどれくらい普及しているのでしょう? 
20パーセント? 30パーセント? それとも半分近くが導入しているのでしょうか?


上であげた数値は、どれもかすりもしていません。
平成23年のデータによると、全国平均はわずか3.6パーセント。100世帯のうち、わずか4世帯にも満たない数字です。

地方差は大きく、全国トップの佐賀県では7.3パーセントであり、14世帯に1世帯は導入している計算になります。
しかし逆に、豪雪世帯として知られる青森県や秋田県では1パーセントをきっており、100世帯中1世帯も存在しないことさえあります。

前年比で1.2パーセント増加した、と言われているし、エコ活動として積極的に宣伝されている太陽光発電。
名前はみんな知っていますが、それでも「いざ自分の家に」となると、二の足を踏む人も多いようです。

太陽光発電を導入している家庭は、まだまだ少数派と言えそうです。

オススメリンク------------------------------------------------------------------------------

ニキビケア用品はコチラ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

太陽光発電の未来

太陽光発電がとりあげられるようになってから、20年以上が経過しました。

その間に太陽光発電には蓄電機能がつき、変換効率も段違いに伸びました。
またソーラーパネル自体の耐久度もあがり、軽量化も進んでいます。
普及率は5パーセントに満たない数字ですが、一時期のキワモノ扱いから比べれば格段の進歩を遂げています。

ではこの太陽光発電、これから先、どのように成長していくのでしょうか?


現在もっとも着目されているのは、変換効率を高める方法です。
現状の方法や素材では、変換率は30%未満にすぎません。
これを40%に引き上げていくのが今後の課題になるでしょう。

この点が改良されると、まず減価償却期間が短くなります。
そうなれば取り入れる人も増えていきますし、太陽光発電のもう一つの目的であるエコにも大変役に立つでしょう。

アメリカの大学で研究されているのは、なんと紙や布に太陽電池(に近いもの)を「印刷」出来るというもの。
発電効率の問題(1%)により実用化には時間がかかりますが、新しい形となりそうです。

10年後には、想像もつかないような発電技術がお目見えしているかも知れませんね。

オススメリンク------------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


外国における太陽光発電の位置づけ

世界で一番太陽光発電量が多い国。それがドイツです。

その理由は、再生可能エネルギーで出来た電気を、電力会社が高額で買い取る制度が政策として実施されている事にあります。
しかもこの試みは長期にわたって行われ、環境活動としてのみならず、経済活動や投資の一つとして紹介されています。

太陽光発電によって生じた電気の買取価格は、他のものに比べ、なんと2倍。
もっとも大きく違うのは、「家で作ったものは全て買い取ってもらえ、且つ家で使う電気は安価な商業用電力を買える」というものです。

「家で使ううちの半分を作る事が出来た。残りの分は電力会社から買う」という日本式のものであれば、結局収支はマイナスになってしまいます。
もちろん太陽光発電がないときに比べればマイナスの幅は1/2くらいに抑えられますが、それでも財布が痛むのはかわりません。

しかしドイツ方式ですと、「売るものは高く、買うのは安く」出来るため、同じ条件下であっても、プラスに転じる場合さえあるのです。


もっとも開発技術にかけては、日本のパネルの上をいく国はありません。うまくすり合わせが出来ると望ましいですね。

ピックアップ-------------------------------------------------------------------------------------

金融投資のおすすめはこちら    金融投資ブログ人気ランキング

神戸看護師の求人

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

 

太陽光発電
太陽光発電

しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

 

最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

 

不安も一杯?! とりつけにあたって

 

向く家、向かない家~後悔しない設置のために

 

業者比較~あなたが重要視するものは?