不安も一杯?! とりつけにあたって

寿命は確実に伸びている! メンテナンスも手間いらず

出始めた頃は、「寿命が短い」「初期投資を回収できないまま壊れる」「掃除なんかできない」
と敬遠されていた太陽光発電。

今、この太陽光発電の寿命はどうなっているのでしょう?


メーカーにもよりますが、太陽光パネルの寿命は20~30年といわれています。
この数値は非常に重要です。
何故なら、どのメーカーであっても必ず10年の耐久保証がついており、
且つ通常の運用であれば、この10年(長くて15年)で初期投資分は回収できると見込まれているからです。
保証されている10年で減価償却が行われ、残りの10~20年はそのまま利益になります。
これが、太陽光発電の最大のメリットです。

ただ、コントロールパネルや周辺機器の寿命は約10年。
もっとも10年すぎたところで急に壊れるわけではなく、またメンテナンスもパネルに比べて簡単ですので、
そんなに深刻に考える必要はないでしょう。


もう一つ、心配なのは掃除。

しかしご安心を。
パネルについた汚れのほとんどは雨で流されます。
気になるようなら、3~5年に一度専門の業者に頼むのも手。

新しい太陽発電の形、集光型

太陽光発電の市場は、ほとんどがシリコン製製品で占められています。
その中に、レンズによって光を集める集光型太陽光発電が割って入ろうとしています。

レンズは光を集めやすく、その分効率よく発電できます。
集光型太陽光発電のパネルは、表面にレンズ(鏡)がびっしりと敷き詰められており、
太陽光を最大限取り込めるようにしています。
その集光した光は、発電素子に照射され、電力となります。

集光型のすばらしいところは、やはりその発電効率のよさ。

シリコン製などが未だ30パーセントに届かず混迷しているのに対し、
集光型は43.5パーセントと驚異の数値を誇っています。
その上レンズもプラスチック素材と安価なため、従来コストの1/3に抑えられるという点も非常に魅力的です。

ただし、もちろんデメリットもあります。
太陽の方向を追っていく追尾機能が搭載されていますが、これの制度が悪いと変換効率が落ちるだけでなく、
部品の磨耗や損傷を引き起こし、長持ちしないという欠点があります。
また設置場所の広さも求められるので、一般家庭への導入はまだまだ進んでいません。

オール電化と太陽光発電

オール電化と太陽光発電には密接なかかわりがあります。

まずオール電化にすると、ガス代がなくなり、電気料金が増えます。
この「電気料金が増える」ことにひっかかりを覚える人もいますが、ガス併用と比べてもほとんどかわりません。
寧ろ、初期投資がいらない分抑えられるということもあるでしょう。
基本料金がいらないというのも大きなメリットです。

オール電化住宅の場合、6月で1万円前後の出費です。光熱費全てが含まれているのですから、この金額も決して高くありません。
太陽光発電を取り入れた場合、もっとも一般的な3kWでの発電量は249kW。現在の買取価格が42円ですから、10458円。
そう、太陽光発電だけで全てがまかなえてしまうのです。

このメリットは非常に大きく、太陽光発電を取り入れる人のほとんどがオール電化を選ぶ理由になっています。

また、オール電化の場合火力の調節が容易に出来ます。料理初心者の人にも見やすく、
また逆に料理上級者の人が低温焼きを作りたいと思ったときにも、一定温度でずっと焼き続けることができるので便利です。

太陽光発電を導入するならば、オール電化にするのが妥当でしょう。
 

 

太陽光発電
太陽光発電

しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

 

最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

 

不安も一杯?! とりつけにあたって

 

向く家、向かない家~後悔しない設置のために

 

業者比較~あなたが重要視するものは?