最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

取り付ける前に絶対やろう 太陽光シュミレーション

太陽光発電の問題点として、「とりつけはしたけれど、採算が取れない」「元を取る前に故障しそう」などがあがります。

これを避けるために、是非やって頂きたいのがシュミレーションです。

もちろん専門の業者に見積もりを出してもらうのが一番確実なのですが、今はインターネットでも手軽に調べることができます。
若干の誤差はありますが、見当はつくでしょう。

もっともネット上のものは、自分でかなりこまかく設定や情報を打ち込まなければならないので、
購入を決意し、「どれだけオトクになるか」を調べたい人向きと言えます。
全く分からない、購入すべきかどうかも決まっていない、初期投資とランニングコストの見当もつかない、という場合、やはりメーカーに問い合わせる方がよいでしょう。

その際、必ず複数の会社から見積もりをとってみてください。同じ条件であっても、それぞれのメーカーの特色が出てきます。

リフォーム詐欺が叫ばれて久しい今、絶対に即断即決は避けましょう。

救済処置はなし!しっかり期日を確かめて補助金ゲット

太陽光発電を導入すると補助金がもらえる、という話は、一度は耳にした事があるでしょう。

まず補助金は、国、県、市の3つの種類があります。
どれをもらえるかは地方差が大きく、一概に「これだ」という事はできません。
書類も大変多く分かりにくいので、素人が自分だけでやろうとすると手に余ります。

気になる金額もkw数によって変動が大きいです。ただ、5万円以上にはなりますので、申請はお忘れなきよう。

新築か後付けか、kW数、地方によってバラバラな補助金は、申し込みの手順も複雑です。
ただ、きちんとした住宅メーカーや企業ならば、申し込みのノウハウも持っていますから、しっかり教えてくれるはずです。

一番気をつけたいのは、この申し込みは期限が非常に厳しいということです。

何種類もある書類はそれぞれ提出期限が厳密に定められ、それをオーバーするとアウトです。救済措置はありません。
また、申請にかかる期間は1~2ヶ月。支払われるのにも1~2ヶ月かかります。

メーカーが頼れないなら個人でやる他ないのですが、煩雑で複雑なため、行政機関の助けを借りた方がよいでしょう。
 

 

太陽光発電
太陽光発電

しっかり確認 太陽光発電の基礎知識

 

最大の関心事! お金はいったいいくらかかる?

 

不安も一杯?! とりつけにあたって

 

向く家、向かない家~後悔しない設置のために

 

業者比較~あなたが重要視するものは?